銀行でお金を借りるメリットとデメリットとは

銀行でお金を借りても大丈夫?

お金を借りることができる金融機関はいくつかあり、銀行もその一つで直接借りることができます。
消費者金融から借り入れることに抵抗のある人で利用する人が多いようです。
銀行と消費者金融を比べると銀行は審査が厳しい傾向にある分、金利は低めに設定されています。
更に利用限度額も高く設定されていることや「総量規制」という法律の対象外になるため年収の1/3以上を借り入れることも可能です。
銀行キャッシングでは審査に通ることでカードが発行され、その後はATMなどで何度も利用することができます。
利用限度額が高めに設定されていますが、引き出す回数に制限はありません。
このようにメリットの多い銀行キャッシングですが、その分借り過ぎには注意しなければなりません。
また審査が厳しいということはお金を手にできるまで時間がかかるというデメリットもあるため、急いでいる場合には注意が必要です。
インターネットでいくつかの銀行のサービス内容を比較したサイトもありますのでぜひチェックしてみてください。

金利の考え方

金利が低いところで借入するのがおすすめ

初めてキャッシングを利用する人でもお金を借りる時は金利が必要なことは分かっていることだと思います。
金融機関にはいくつかの種類がありますが、消費者金融は金利が高めで銀行は低めだと言われています。
更に消費者金融でもかなりの差があるため、できるだけ低い所を利用したいものです。
一方で金利が安いだけで選んでしまうと審査に時間がかかったり、貸付上限金額などが低いなどその他の点で問題が起こる可能性もあります。
ちなみに現在では法律で上限金利は20%と決められており、いくつかの金融機関の金利を見てみると3〜18%の所まで開きがあります。
金利が10%違うだけでかなり変わり、利息はかなり負担であることを知っておかなければなりません。
とにかく金融機関を選ぶ時にはいくつかを比較することが重要です。
最近では少額の融資であれば「一か月間金利なし」というもあります。
インターネットではいくつかの金融機関のサービスを比較したサイトがありますのでチェックしてみてください。